YBC(笑) トップページへ

枚方市を中心に活動している、ゆかいなバスケットボールサークル(笑)・・・略してYBC(笑)-スポーツ応援クラブ-
月別アーカイブ  [ 2017年10月 ] 

スライムを作ってみよう!

んにちわ、YBC(笑)のTEK、Tことたかちゃんです。
今回は、枚方NPOフェスティバルなどで僕たちが作っている、スライムの作り方を説明します。

スライムというのは3種類の液体を混ぜることで作れます。
なので基本的に用意するものは、その3種類の液体とそれを作るためのもの、です。


・用意するもの
と 出来れば 45度くらいのお湯
洗たく糊(PVA)
ホウ砂 [ほうしゃ]

プラコップ数個
割り箸 プラスプーンのような混ぜるためのもの数個
トレイ

食紅 たまは 絵の具
ネームペン


洗たく糊(PVA)は100均、ホウ砂は薬局で購入できます。
  似たものでホウというものがありますがそれでは作れません・・・間違えないようにしましょう。

は実際に作ってみましょう!


まず準備・・・プラコップネームペンで線を引いて、作りたいスライムの量を決めましょう


そしてそれを3等分し、下から水・洗たく糊・ホウ砂と簡単に書いておきます。
つまり、洗たく糊ホウ砂、の3種類を順に線のところまで入れていくわけです。
後で説明しますが、3つ目のホウ砂を入れるのが少しクセモノです。
もし2人以上、お手伝いさんがいるときは3つ目の線は使いません。

ちなみに、手に引っ付くようなドロドロのスライムは洗たく糊よりを多く、固いプルプルしたスライムはより洗たく糊を多く入れると作ることができます。

さて、混ぜていきたいところなのですが・・・洗たく糊は液体で良いとしても、ホウ砂粉末状です。
なのでホウ砂を溶かしてホウ砂水溶液というものにする必要があります。

別のプラコップに適当な量の45度くらいのお湯を入れて、ホウ砂を溶かします。
100ccの水(お湯)に対して約10gのホウ砂が溶けます。
実際に作ってみると、思ったより結構溶けるなぁ・・・って感じることが多いです(笑)
全く溶けなくなるまでどんどん溶かしましょう。

ちなみにホウ砂は、簡単に言えばしっかりとプルプルにしてくれる役割があるんです。
ここが実はポイントで、よりもお湯の方がよくホウ砂が溶け、結果上手にスライムを作ることができます。


さてこれでホウ砂水溶液が作れたので、3つの液体を混ぜ合わせてスライムを作りましょう。


1つ目・・・線のところまでを入れます、固めのスライムを作りたかったので画像では線より少し下になってます。
スライムに色をつけたい場合はここで食紅絵の具を入れます。
まだ液体を入れていくので、色は少しだけ濃い目にすると良いかもしれません。


2つ目・・・洗たく糊を入れてしっかり混ぜました、ちょうど線上です。

そして最後にさっき作ったホウ砂水溶液を入れるわけですが、少し注意があります。
そーっと入れてモタモタ混ぜてると、ちゃんと固まってくれない部分が出てきます。
すばやく入れてすばやく力強くかき混ぜます・・・本当は写真を撮る余裕なんかありません(笑)
お手伝いさんがいるときは自分はずっとかき混ぜ続けて、お手伝いさんに横から少しずつホウ砂水溶液を入れてもらいましょう。
入れる量の調節が非常に簡単にできます。


一人で作っていてもししっかりかき混ぜても固まらない場合は、もう少しホウ砂水溶液を入れると固まりやすくなります。

固まったらトレイに出して丸めて、お手玉のように扱ってみましょう。
最初はべたついたりすると思いますが、触っているうちにある程度取れてきます。

これでスライムの完成!!
じゅうたんとかにくっつくと大変なので、机の上で遊びましょう。


普通に触ってるだけでも楽しいですが、スライムの中にストローを刺して息を吹くと、風船のように膨らみます(笑)

あと写真はないのですが、のスライムを作って混ぜ合わせると、のスライムになります。
スライム同士は色が混ざり合うのです・・・のスライムを用意すれば、色んな色が作れますね。


スライムで遊び終わったらしっかりと石鹸で手を洗いましょう。
あとホウ砂は人間の身体に良くないものなので、作ってる最中に目や口に入ったらすぐに水で洗い流してください

スライムはタッパーなどで密閉して日の当たらない所に置いておけば1ヶ月くらい保存できます。
余談ですが、実は最近すっかり忘れてた1年前のスライムが出てきました(汗)
ヌルヌルした液体になってたのですが、ホウ砂水溶液を入れて混ぜると・・・なんと復活しました!!(笑)

現在そのスライムは、ジッパーの袋に入れて空気を抜いて冷凍させて、ちょっとした保冷剤になってます。
色んなことができますね。

スライムを捨てる場合は、トレイに入れて暖かいとこに放置すれば一週間くらいで固まります。
塩をかければ水分が出てきて早く固まります・・・よく乾燥させて紙にくるんで燃えるゴミに出してください。
手っ取り早く捨てたい場合はスライムの量が少ないのなら、たくさんの水で溶かして流してしまってもかまいません。


てスライム作り、どうだったでしょうか。
スライムはこのように自宅で気軽に作ることができます。
遊び方も、砂鉄を混ぜて磁石で遊ぶ・・・なんて方法もあるそうですね。

みんなも色んなスライムを作って遊んでみよう!!
以上、たかちゃんでした。

スポンサーサイト
[ 2017/10/01 00:00 ] その他の記事 | TB(-) | CM(0)
スケジュール
バスケ
  サークル
  小学生
  ファミリー

ママスポ
  ヨガ
  バランスストレッチ
  テニス

体育教室
  体育教室
  スイムレッスン
  守口地区体育教室

野外活動
  野外料理クラブ

イベント
  イベント
カウンター